スマホの持ち方研究

スマホ首・・・。なりたくないですね。

そこで、なりにくくするちょっとしたコツを教えますね。

まず。なぜ、スマホは首に悪いのか。

 

①画面を覗き込むように見るため、猫背になる。

②これを見落としやすいのですが、脇が開く。スマホをわしづかみで持つ方多いですよね。でも、この形で脇締めるのは困難だし、手首が痛くなります。

 

このように脇が開くと、肩甲骨が肋骨の傾斜にせり上がってきます。結果、肩が前に出ます。そして、わしづかみだと手首が緊張するのと同時に、上腕骨が内側に回転するので、首肩も緊張する。

姿勢が悪いから首肩痛くなるだけではありません。そもそも、わしづかみするだけでも痛くなります。

そこでオススメするのが「小指」を使うということです。

お客様に姿勢のアドバイスをするとき、よく小指理論で話します。それと一緒です。

スマホを小指に乗せるような感覚で持ってみてください。自然と脇が閉まります。しかも、首肩の緊張も少しとれていると思います。

ぜひやってみてくださいね。

 

めぐるからだ

大渕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です