季節の恵み、感謝

今年もたくさんのお客様からいただく季節の恵み。本当にありがたい!お陰でフルーツを買わなくてすんでいますし、美味しいものが食べられて幸せ。前にも書いた「1日1個のりんごで医者入らず」、薬膳的には「健脾益胃(胃腸虚弱による食欲不振やお腹の張りにいい)」食材、また子供の発熱や空咳にもりんごはとても役立ちます。

そして、みかんの皮は大渕先生が大事にとっておき天日干ししてくれました。みかんの皮は優秀な生薬です。生薬になるまでは数年かかりますが、数年かけなくてもこの香りのある食材というのは「理気(りき)」と言って、気を巡らせる働きがあります。ストレスがある方、イライラしている方、精神的に疲れている方におすすめ。

我が家はネットに入れてお風呂へ。子供と「いい香りね〜」と言いながら浸かるだけでも元気になれそう!

参考になれば嬉しいです!

12月スタート!

12月も変わらず木曜定休で営業いたします。どうぞよろしくお願い致します。

先日、お客様からとってもとっても可愛い手づくりのアイシングクッキーをいただきましたー♩

可愛いすぎて食べれない!いや食べた方がいいのか?食べないでずっと飾っておきたいな…。でも賞味期限過ぎて、捨てることになるのは絶対嫌。ならやっぱ食べた方がいいいな。。

本当に嬉しかったです、ありがとうございます!

年内の女性スタッフの最終受付は30日となります。31日は男性スタッフのみの受付となります。ご予約の際はご注意ください。

日々補腎

先日受けたセミナー。

めぐるからだのお客様の中にもこの症状を訴える方が沢山います。

耳鳴り

私も経験したことがあるのですが、とても不快な症状です。なんとか回復し、それ以来発症はしていないのですが養生だけはずっと続けています。というのも、耳鳴りの養生はこのブログでも何度も書いている「腎の養生」をすることとほぼ同じなのです。

中医学では、腎と耳は関係が深く、腎の気が充実し耳へ通じることで正常な聴力が生まれると考えます。腎の気は歳をとるごとに弱まります。なのでお年寄りの耳の聞こえが悪くなるのも中医学的には腎と関係があるのだと考えます。

ただ、耳の不調は単なる「腎」だけの問題ではなく、肺や胃腸、ストレスなども関係があるので、何から耳鳴りが起こっているのかを探り、それに対しての養生をしていかないと症状はおさまらないということになります。そして、食養生も変わってきます。

私が普段「補腎」のための食養生として使っているものの一つが「黒米」↓

築地三栄商会さんの黒米、写真は今年の新米です!黒米は古代米で餅米の一種。なので、白米に少し加えて炊くとちょっぴりもっちりします。大好きです!一緒に炊くと赤飯のように赤いご飯になります。4歳の息子も大好き。

黒米の性味は「平/甘」、健脾・活血・滋陰・補腎・明目の働きがあります。なんと食物繊維は玄米の8倍だそうです。赤い色素があるということは抗酸化成分も豊富なはず。日々の食養生に取り入れやすいのでおすすめですよ。

何度も言いますが、食養生というのは積み重ねです。薬ではないので今日明日で何とかなるものではありません。今日明日のためにやるのではなく、日々元気に健やかに過ごすためにコツコツとやるもの。ストレッチや運動も同じ!(これは自分に言い聞かせています)

耳鳴りの食養生について聞きたい方は店頭にてお気軽にお声掛けください!

菌活よもぎ蒸しとは③

あっという間に11月もあと数日で終わってしまいますね。4歳の息子が「あと何回寝たらクリスマス?」と聞いてくるようになったので今年はアドベントカレンダーを買いました。12月になったら1日から順番にカレンダーをめくります。楽しみです♩

最近、通常のよもぎ蒸しに菌パックを加えた『菌活よもぎ蒸し』を選ぶ方が増えてきました。菌活といえば『腸内環境』のイメージが強いのですが、私たちの体に棲みつき健康に大きく影響している『菌』というのは肌にも粘膜にも、口の中にも、髪の毛にも頭皮にも…、膨大な量と種類の菌がそれぞれの好む場所で存在しています。これらを常在菌と言います。

人間にとっていい働きをする『善玉菌』、その反対の『悪玉菌』、状況によって働きを変える『日和見菌』。腸の中に住む善玉菌の代表といえば『乳酸菌』や『ビフィズス菌』ですね、肌に住む善玉菌の代表は『表皮ブドウ球菌』。この菌たちが(もっと他の種類の善玉菌も沢山あります)いい働きをしてくれているからお通じが良い、肌の調子がいい、免疫力がちゃんとは働いてくれるなどなど。もしも悪玉菌優位になってくると腸内環境も肌環境も劣悪になり、精神活動にも影響が出てくる可能性があります。

ではいい菌(善玉菌)を増やすためには、今体に住み着く善玉菌の餌になる「プレバイオティクス」を取り入れる、または生きた有益な微生物「プロバイオティクス」を取り入れる事、これが今話題の『菌活』です。菌活よもぎ蒸しは前者のプレバイオティクスを取り入れるという方。

米糠主体の菌パックを加えたよもぎ蒸しで皮膚からの菌活。肌は私たち体の中で1番大きな臓器です。外界と常に接している皮膚の防衛力を高めておく事はとても大事。体表面にいる善玉菌を増やし活性化させること。

菌のことをブログで短く分かりやすく説明するのはかなり難しいです。どうしても長くなるし、私自身もまだまだ勉強中の分野です。もしも、菌活よもぎ蒸しに興味があるけどよもぎ蒸しとの違いがわからないとか、その他質問がある方は店頭でお気軽にお声掛けください!

新潟産、じいちゃんの作ったカリフラワー!

少し前に新潟に帰省してきました。まだまだ暖かく感じる東京とは違い、もうダウンジャケット必須の新潟。すでに紅葉も終わりかけ、でも綺麗なところもあって最高でした。

おじいちゃんの畑では冬野菜が沢山収穫期を迎えていて、息子がとっても楽しそうに大根を引き抜いていました。いい経験ができて私たちも嬉しい!

子供の顔よりも大きな綺麗なカリフラワー!図々しく2株いただき、東京へお持ち帰り。

カリフラワーの性味は「平/甘辛」、健脾・補腎・和胃。胃の働きを正常に整える働きがあります。胃の調子が悪い方、食欲不振の方、胃腸のエネルギーが足りない方におすすめの食材。こういう方には、柔らかく煮込んで食べる調理法をお勧めします。

そしてこのブログでも何度も言っている「補腎(ほじん)」、補腎の食材です。腎のエネルギーは補充し続けなければいけません。私たちも40を過ぎてから特に補腎食材を積極的に取り入れて、というか毎食摂るように心がけています。食養生というのは積み重ねですから。

ところでこのでっかいカリフラワー、どうやって食べたかというと、我が家はみんな胃腸の調子がいいので今回はチーズフリットに!衣に粉チーズとパセリを混ぜて揚げるだけ。(胃腸の調子が悪い人は、揚げるという調理方法は✖︎)あと、ツナときゅうりとカリフラワーでサラダに、大豆と豚肉とカリフラワーでチリコンカン風に。あとはポタージュ

それでもまだまだあるカリフラワー。いろんな料理にして旬のお野菜を、じいちゃんが作ったお野菜を味わいたいと思います。

年末の営業について

週末は沢山のお客様にご来店いただきました。本当にありがとうございました!11月というのに温かい日が続いていますね。日差しもやや強め、紫外線対策していきましょ。

さて、11月も半分過ぎようとしています。今年も12/31(土)まで営業いたします。12/31(土)の最終受付は15:30(17:00close)、男性スタッフのみの受付となっています。女性スタッフの年内の最終受付は12/30(金)となります。

毎年年末は混み合いますので、施術をご希望の方はお早めにご連絡ください。

先日お裾分けしていただいた山形産の洋梨!とってもおいしかった〜。洋梨大好き。

いつもありがとうございます。今、紅葉がとっても綺麗ですね〜

ブラックペッパーの精油

先日少し元気がない方のトリートメントに使った精油、ブラックペッパー。

ベルガモットと少しだけサンダルウッドをブレンドしました。

ブラックペッパーは体をとっても温める精油です。体が温まると自然と活力も湧いてくるもの。ベルガモットも心が沈んでいる時におすすめの精油です。ベルガモットには滞った気を流してくれる働きがあります。柑橘系の中でも甘さが少ない大人向きの香りですので、すっきりしたブラックペッパーとも相性がいいです。サンダルウッドをブレンドしたのは、このお客さまが好きな精油だったから。最後まで香りが残るベースノートというタイプに分類される精油で、施術後に「あー、いい香り♩」と思ってもらえるよう加えました。

生きていると色んなことがありますね。なんと声をかければ良いのか分からない事もあります。心を込めて施術しました。少しでも気持ちが軽くなればなと思います。

自然の力に生かされている。

歩いていると、奇妙な形の赤い実が目に入りました。

Googleで調べてみると「ヤマボウシ(山法師)」。

この赤い実は甘さがあるらしく、ジャムや果実酒に出来るらしいです。昔は民間薬としては乾燥させて、下痢や腹痛に使用されていたようです。

周りを見渡すと生薬や民間薬が多く、人間は自然の力に生かされていると感じます。例えば、みかんの皮。江戸時代にはみかんの皮を軒先に吊るし、乾燥させ、下痢や腹痛が起きた時に食べていたようです。みかんの皮は生薬名で「陳皮(チンピ)」という名前で、様々な漢方薬や七味唐辛子に入っています。

牡蠣の殻もそう。今の時期、スーパーでよく見かける物も漢方薬に入っている生薬です。

イライラして眠れない時に処方されることがある「柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)」の中に入っています。名前を見ると「牡蛎」と書いていますね。これは「牡蠣」の略字です。牡蠣の殻は精神を落ち着かせるとされているので配合されています。

散歩や通勤、お買い物中に、「この食材や植物はどんな効果があるのかな。」と調べていみると楽しいですよ。

11月スタート!嬉しい口コミ vol.53

いつのまにか11月ですね。今月も変わらず木曜定休で営業いたしますのでどうぞよろしくお願い致します!嬉しい口コミが沢山届きましたので一部紹介させてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

よもぎ蒸し、とっても気に入ってしまいすぐ予約しました。

前回のお茶も美味しかったけど、今回のお茶も本当に身体に良さそう!!アロマオイルは冷蔵庫で冷やす徹底ぶりに感激。好きな香りを選ぶ時間も大切なひと時。

よもぎ蒸しって衛生管理が気になっていたけど、ここのサロンは完璧。安心して毎回座れます。マントをかぶり、よもぎ蒸し。終わったらアロマオイルでマッサージ。
このコースが好きすぎてまたすぐ予約します!!

よもぎ蒸し40分+アロマオイルトリートメント60分 (担当:森口)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いつもお世話になっております。
久しぶりにうかがわせていただきましたが、あたたかなご対応とよもぎ蒸しに最高に癒されました。ありがとうございます。たっぷり汗をかいて、食べすぎや運動不足の罪悪感を勝手に吹き飛ばしています^_^気持ちもリフレッシュ出来て、帰り道のすっきりさっぱり感が大好きです^_^
今後ともよろしくお願いいたします。

よもぎ蒸し40分(担当:森口)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

口コミを書いてくださったお客様、本当にありがとうございました!

気温差が激しいですね。寒かったかと思えば、昨日のような暑い日も。体調には十分気をつけてお過ごしくださいね。昨日は、数ヶ月前から計画していたBBQ。最高の天気に恵まれて、子供たちもとっても楽しそうで、見ている親たちも最高に楽しい1日になりました。少しずつ以前のような日常が戻ってきています。こんなふうに穏やかな時間が過ごせることに心から感謝したいと思います。

新規取り扱い入浴剤のお知らせ

寒くなってきましたー。バスミルクやよもぎ入浴パックをお求めになる方も増えてきました。温かいお風呂がとっても気持ちいいですよね。

今日は新入荷のお知らせ。ずっと販売してきた当店オリジナルのよもぎ入浴パックを終了し、写真の「よも湯」を取り扱いスタートしました。漢方薬用として管理される服薬可能な国産よもぎに厳選したハーブを加えた入浴剤です。3p¥1100

ハダビヒバのバスミルクも絶賛販売中です!

日本人は昔から湯治(とうじ)と言って、温泉や入浴で病気を治してきました。入浴は体が温まるだけではなく、疲労回復や質の良い睡眠へ導いてくれたりといい効果が沢山あります。何より「冷えは万病のもと!」。そして入浴剤や香りのいいバスミルクはリラックス効果を高めます。4歳の息子もお風呂に浸かるのが大好き、バスミルクが大好きです。

是非お試しください!